会社員、ライター、ワールドベンチャーズで生きるアラサーが、日々感じたことを綴っています♡

最近、ワールドベンチャーズから30万円もらった話。WV、なんでこんなに潤ってるの?

最近、ワールドベンチャーズから30万円もらった話。WV、なんでこんなに潤ってるの?

こんばんは、Lilieです。

最近、ワールドベンチャーズ(以下WV)から全世界の会員へ、太っ腹なプレゼントがありました!!

なんと「旅行に使えるポイント30万円分」が、受取希望者全員に配布されたのです!

どうしよう、これ、どうやって使おう・・・ワクワクそわそわしながら、今回のポイントについて、そしてそんな太っ腹なWVの最新情報についてリポートしたいと思います☆

WVさん、今回は何をくださったの?

今回、WVからプレゼントされたものは、「の地域のレートに合わせた、DreamTripsRewards 3,000ポイント」でした。

WVはアメリカの企業なので、基本通貨は米ドル。つまり3,000米ドルを、登録した地域の通貨レートに交換してあげるよ!という太っ腹なプレゼントイベントでした。

私は香港にて代理店登録しているので、「約26,000香港ドル(=約33万円)」をGETしちゃいました!!

いやいやいや、私、月15,000円しか払ってないのに、大丈夫?!」なんて思ってしまいましたが、さすがの米国最大級企業、新しいサービス開始(※)とともに、こんなサービスが提供できるなんて、ビジネスとして潤ってるな〜と感心してしまいました。

(※)米国本土と一部のサービスインしている地域では、WVのメイン事業であるツアー以外にも、今まで貯めたポイントを提携企業(Appleなんかも入っててびっくり!)の商品に交換したり、個人旅行で利用できるフライト、レンタカー、ホテルなどの単独予約サービスを提供したり、とにかくめっちゃくちゃたくさんサービスが始まっています。

実際、使えるの??

これ、よくよく考えてみれば香港ドルなんですよね。だから、「日本人の私は、実際使えるの?」という疑問符が頭に浮いてきました。

そこで、どのような場面で使えるのか少しリサーチしてみました。

フライト

残念ながら、フライトには利用できませんでした。旅行好きとしては残念なのですが、現在妊活中のため、日本を長期離脱することが難しい今の私にとっては、特に問題ありませんでした(笑)。

ホテル

ホテルは、全世界様々なところで利用できるようです。お値段はわかりやすいように、Booking.comと比較してみました。

例えばシンガポール。

私、マリオット系列のホテルを愛してやまないのですが、その中でもリッツを溺愛しています。

でもね、高いんですよ!基本的に!

こちらを、DreamTripsRewardsサイトを通すと、どうなるでしょうか。

元値が4,772HKD(=約68,000円)、ポイント利用可能部分が、1,419HKD(=約20,000円)、実際の支払いが、3,114HKD。

つまり、約45,000円でリッツカールトンに泊まれてしまいます!!(驚愕)

 

じゃあ、日本国内はどうなんだい?という話ですよ。

サービスインしていないので、難しいんじゃない〜?というのが本音のところです。

今度は、まだ泊まったことがない、インターコンチネンタル大阪で検索しました。

おお、やっぱり高い・・・いいホテル・・・

こちらをDreamTripsRewardsサイトで検索っと。

元値が3,064HKD(=約44,000円)、ポイント利用可能部分が、848HKD(=約12,000円)、実際の支払いが、2,029HKD。

つまり、約29,000円で泊まれてしまいます!!まじか!!

これが30万円分、会員であり続ける限り、永久に使えます。やばすぎて震えてきた・・・

なぜ、こんなサービスが提供できるの?

気になるのは、「なぜこんな大型キャンペーンを、世界展開できちゃうの?」という点。

如何にもこうにも気になるので、調べました!!笑

実は10/2に、とあるサイトでこんなニュースが出ていました。

旅行サービスプロバイダーRoviaは、SOR Technology,LLCと協力して、DreamTripsのメンバーのための「旅行体験と会員特典を強化する強力な報酬のプラットフォーム」と表現する新しいロイヤルティソリューションを構築すると発表しました。

DreamTripsユーザーは、9月にリリースされたばかりの、RoviaとSOR Technology,LLCによって構築された新しいデジタルプラットフォームにより、ホテル、レンタカー、ウィークリー・ステイ、アクティビティなどでさまざまなを特典を受けることができます。フライト、ホテル、クルーズ、レンタカー、ウィークリー・ステイ、アクティビティも提供しています。プラチナ会員は、ホームステイでのバケーション、ヨットやホバーボートの体験も受けることができます。(出典:TD

Roviaというのは、ワールドベンチャーズの根幹事業であるDreamTripsを提供する旅行会社名なのですが、その隣に「SOR Technology,LLC」という聞きなれない企業名が表記されています。

実はこの企業が鍵でした!

「SOR Technology,LLC」は、2004年創業ながら、アメリカでもっとも権威のある最高格付けランキング「Inc.5000」の2018年度版にて、なんと1298位!!

1298位と言われてもね・・・?なんていうそこのあなた。

アメリカなんて、何億何千社と企業があるわけです。

その中で、権威あるInc.5000に選出されるためには、「企業成長率」「売上高」「生み出した雇用」などが選出基準となります。

今回ビジネスパートナーとして選んだSOR Technologyは、ソリューションを提供する企業として、すでにDelta(航空)やAmerican Express(カード)、GROUPON(サービス)、Ford(自動車)、Shell(石油)などと提携しており、大きな売上を上げているようです。

そんな頼もしいパートナーと始めた新事業展開を成功させるために、貯金してたってことですねー。

スケールがでかいですよ、全く。さすがU.S.A!カモンベイベアメリカ!

これから私たちにどう還元されてくるのか?日本上陸がとっっても楽しみです♡

以上、最近のWV話でした。

 

=========================================

私たちのグループは、カフカさんが率いる唯一のグループです。

現在、国内には多くのワールドベンチャーズのグループがありますが、私たちのグループの特徴は、海外メンバーがたくさん在籍していることです。

将来的にワールドベンチャーズが日本へ上陸した後、国内メインで活動されているグループよりもビジネスを広めやすいと考えています。(現在、私もメインメンバーとして海外グループを立ち上げ中です。)

また365日いつでもフルサポート体制が整っていますので、初心者でも安心して活動することができます。

私は本気で取り組んでいますので、真剣に頑張れる方は、ぜひご連絡をお待ちしております!

カフカさんからのダイレクトオファーはこちらから!

お問い合わせも随時お待ちしています♫ (お問い合わせ多数いただいています!ご遠慮なくどうぞ♩)

働き方カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。