会社員、ライター、ワールドベンチャーズで生きるアラサーが、日々感じたことを綴っています♡

【初心者必見!】未経験の私でもWebライターで成功した秘訣

【初心者必見!】未経験の私でもWebライターで成功した秘訣

こんにちは♪ Lilieです。

最近ワールドベンチャーズネタが続いたので、久しぶりに自分の仕事について書いてみようかと思います☆

今回は、私が未経験から始めたWebライターについてのお話です。

Webライター、始めるきっかけは専業主婦?!

Webライターになってみよう!と思い立ったのは、2016年の春。当時5年勤めた会社を辞めて、せっかくだし、人生一度は専業主婦になってみようかなと思っていた時期でした。

でも、結果として私は専業主婦に向いていませんでした。笑

朝起きて夫を起こし、朝ごはんを食べさせて、掃除・洗濯・買い物を午前中に済ませ、ぼーっと夕方までネットサーフィンやテレビを見て過ごし、夜に夫の帰りを待ちながら夕飯の準備をして・・・

子供がいれば、まだ良かったのかもしれません。

が、うちにはまだ子供もいないので、「私1人の時間がもったいなすぎる、この時間でお金稼げるよね」という結論に至りましたw

でも、1人の人間としてゆっくり休みたい時期だったので、外に出て働くのも・・・

と思っていた時に、「クラウドワーキング」という働き方を知りました。

まずは、ランサーズに登録してみた。

私は、何はともあれ行動派なので、とりあえず有名どころのランサーズに登録して見ました。

その際、これまでの経歴、どのような業務知識を有しているか、得意なことなどしっかりプロフィールに記載し、ライティングテストを受けて、個人情報チェックも受けて、身元バッチリ状態でスタートしました。

1件目のお仕事は、1500文字を700円で書くお仕事。いわゆる旅行サイトの記事量産でした。はじめはとにかく練習したかったので、適当にオファーがきた中から選んだのですが、写真を入れたり、文字に装飾を入れるような手間暇だけがかかり、1文字約0.5円にも満たない仕事でした。

で、これはイカンと。これでは稼げんと。

気を取り直して、「ライティング」というカテゴリーの中から、自分にしか書けないような仕事、競合がいない仕事を探していたら、運よく7000文字×3本、合計約4万円のお仕事に出会い、スタートすることができました字単価にすると、約2円くらいでしょうか。

ただ、初心者には合計21000文字の壁はキツかった・・・

納期もあり、もう無我夢中で朝から晩まで書いていました。笑

その後、「文字単価」と「文字数」のバランスの良い仕事を探し、1文字1.5円、3000文字くらい、かつ得意分野の保険の話だったこともあり、ある企業様としばらくお仕事させていただいていました。

その企業様が毎回「このライターさんは素晴らしいです!」と大絶賛のレビューをつけてくださったので、その後ご依頼が途切れることなく、また少しずつ単価も上げつつお仕事させていただいています。

他のサイトはどうだった?

実は、他のサイトにも登録してみたんです。クラウドワークス、サグーワークス、イノーバ・・・ただどれも私と条件が合致する仕事がなく、全て幽霊部員になっています。

どのサイトをメインユーズするか、こればっかりは自分との相性だなと思います。

現在のライターとしてのお仕事は?

現在は、本業の航空会社がそこそこ忙しいので、量をセーブして1ヶ月2−3本程度のご依頼をいただいています。納期もゆるめに設定してくださるクライアントさんばかりで、かつ1文字単価も3円〜5円で維持できています。

また、クラウドワーキングサイト以外で知り合いになったクライアントさんからも、お仕事をいただけるようになりました!

本業もある中、ライターとしてこれだけ評価をつけていただけているのは、やはりはじめのプロフィール設定と、どのお仕事も誠心誠意向き合ってきたからかな〜と思います。

私、まずは行動派と言いつつ、中途半端には終わりたくないんですよね。

だから、真面目にやってれば成果は出ると。

それから、単価UPは絶対に自分から言わないと上がらない。これ鉄則です。

企業さんだって、そりゃ下請けライターは安上がりであればあるほど、経費が少なくて済みますよね。だから、企業さんからは絶対に「Lilieさん、すごく反応いいから、単価UPするね」とは言わない。

ライターだってビジネスオーナーであるという意識を持たないと、ライターで稼いでいくことはできません。

だから私は意思を持つライターとして、これからもちょっとずつ活動の場所を広げていきたいと思っています。

まとめ:ライターで食べていける人、いけない人

最後に、Webライター3年目になった私が思う、ライターで食べていける人と、いけない人の差を考察してみたいと思います。

<ライターで食べていける人>

①絶対に納期遵守、なんなら2日前には初稿が仕上がっている人

②クライアントさんの要求を90%尊重し、10%自分の意見を言う人

③飽きない人。飽きても他のことに手を出さない人。

④文章が綺麗な人。書くことが苦痛ではない人。

<ライターで食べていけない人>

①自分がかわいい人。「今日は疲れた」「今はお腹が空いてるからごはんにしよう」「この漫画を読んでから」といつも他のことに手を出しがちな人

②納期ギリギリになってからでないと、動き出せない人。「やばい!納期明後日じゃん!」的な。

③クライアントさんの要求をガンガン無視する人。やっぱり意図ある要求なので、無視しちゃダメです。

④目的意識がない人。何のために書いているのか、目的を見失う人。

ライターで食べて行けないと思った皆さん。私もです。笑

煩悩にまみれて、私は仕事中、結構他のことに手を出しがちです。(納期は厳守ですよ?!w)

 

だからこそ、パラレルワークスタイルが私には合っているんです♡

私の働き方に共感された方、ぜひ仲間になりましょう!メッセージお待ちしています☆

 

ワタクシゴトカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。