会社員、ライター、ワールドベンチャーズで生きるアラサーが、日々感じたことを綴っています♡

パラレルワーカーLilie、【ハイブリッド・クワドラント】を目指すの巻!

パラレルワーカーLilie、【ハイブリッド・クワドラント】を目指すの巻!

こんにちは!Lilieです。

いま私は、「キャッシュフロー・クワドラント」からさらに進化した、

ハイブリッド・クワドラント」を目指して邁進中です★

 

「クワドラント・・・しかもハイブリッド・・・???」

 

今日は頭にハテナが浮かんだあなたにこそオススメしたい、新しい時代の働き方について考えていきます。

キャッシュフロー・クワドラントって知ってる?

キャッシュフロー・クワドラントとは、かの有名なアメリカの投資家で実業家でもある

ロバート・キヨサキ氏が、著書「金持ち父さん貧乏父さん」の中で提唱した概念です。

 

キャッシュフロー・クワドラントとは、直訳すると「お金の流れの4つの区分」という意味。

ロバート氏はお金の流れを著書の中で4つに分類しました。

分かりやすいように、以下の図で説明していきますね。

お金の流れは、「ESBI」の4つに分けていくことができます。

これを日本語に訳すと、以下のような感じです。

左側の 「 E ・ S 」は 労働型

右側の 「 B ・ I 」は 権利型 に分類することができます。

 

「ES」と「BI」の違いとは?

「ES」と「BI」を明確に分けるとしたら、以下のような分類をすることができます。

 

左側の「E・S」は、労働時間をお金に変える仕事

右側の「B・I」は、お金が自分で働いてくれる仕事です

 

EとSは、自分が頑張らないとお金が入ってきません。

なぜなら、自分の労働時間が資本になるからです。

従業員も個人事業主も、会社やアルバイト先から雇われて、月給や時給というお金が支払われますよね。

しかも休んでしまっては、給与が保証されない。

 

つまり、完全に自分の体との戦いです。

 

一方、BとIは、自分が頑張らなくても、お金が勝手に働いてくれる仕組みです。

会社役員は、役員報酬や、株主配当が入ってくる。

投資家は、株やビットコインの市場価値が高まれば、お金が入ってくる。

 

つまり、お金の仕組みさえ手に入れてしまえば、あとはお金が働いてくれます。

 

権利報酬!なんて素晴らしいんだ!

 

って思いませんか???w

 

 

「ハイブリッド・クワドラント」って何するの?

 

じゃあ、もういっそのこと「B・I」目指したらええやん!何ゆーてるん!

 

というツッコミが聞こえてきそうなので、

ここからは本題の ハイブリッド・クワドラント を目指す経緯について、お伝えしていきますね。

 

ハイブリッド・クワドラントとは、「ES」「BI」のそれぞれに偏りすぎない働き方のこと。

「B」として会社勤めすることもあるし、パートに出ることもあるけど

「I」として投資することもある。

 

「S」として、ライター業は続けるんだけど、

「B」で権利収入も入ってくるから、生活は安定している。

 

そんな働き方を目指したいのです。

 

私ね、気付いちゃったんですよ。

結構、社会の一員として働くことが好き。断言。笑

だから会社員をゆる〜く勤めながら、ライターでいい感じに求められつつ、権利収入も作る。

 

これ、21世紀を生きるみんなが目指すべき方向だって、本気で確信しているんです!!

 

何か一つに寄る辺をもつ時代は、もう終わり。

AIに仕事を取られている未来が見えているからこそ、考えなきゃいけない。

パラレル(同時並行)にワークする時代がきているということを。

 

そんな風に思いませんか?

 

ぜひ私と一緒に、パラレルワーカーを目指していきましょう!!

 

****************************************

これからのあなたの幸せなライフスタイルを作っていく仕事を、一緒にやってみませんか?

今ならキャンペーン中!!!

 

【期間限定2/22(金)まで】ワールドベンチャーズでキャンペーンが始まりました!

 

やるならとことん!誠心誠意!私が真心込めてしっかりとサポートさせていただきます。

ご質問・お申し込みは、私のLINEをご登録いただき、ご連絡くださいませ^^

(最近、お問い合わせ件数が急上昇していますので、お気軽にどうぞ!)

 

※個人LINEです。

 

<あなたにオススメ!>

自分の仕事をつくる旅へ、出かけよう。

女と仕事カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。